物件情報

クラインガルテンとは

会社概要

お問い合わせ

HOME




クラインガルテンとは、ドイツで盛んな200年の歴史をもつ農地の賃借制度ですが、日本語に訳すと「小さな庭」です。
実際には、市民農園と呼ばれるほか、レジャー農園、ふれあい農園などいろいろな愛称で呼ばれています。








クラインガルテンは、都市部に住んでいる人がレクリエーションとしての自家用野菜・花の栽培、高齢者の生きがいづくり、生徒・児童の体験学習などの様々な目的で、小面積の農地を利用して野菜や花を育てるための農園と位置づけられています。




大小の差はいろいろですが、農園の平均面積は100m2〜130m2が適当と言われ、野菜や果樹、草花を育て、ラウベ(laube)とよばれる小さな小屋が併設されているのが一般的です。







<食の安全、信州の太陽・空気・水で育てる無農薬有機野菜>





クラインガルテンは、現在ほとんどが個人農家又は地方自治体が開設しており、短期間の貸借で利用され、今静かなブームが起きております。

弊社は民間企業でははしりとなるクラインガルテン物件販売業者として、長野県内で広く展開して参ります!